除毛クリーム パッチテストを行う理由とは?

悩み解消

パッチテストの方法から対処まで解説

 

最近は男性も美意識は高くなってきて、ムダ毛の処理をしている人が多いいですよね。

そんなことで、私も始めることにしました。

 

処理方法をいろいろ勉強して、手軽に始められるのが除毛クリームだということで、早速購入!

 

失敗しないために、説明書をしっかり読み込んでいると、「パッチテスト」という言葉が出てきて、これな~に?ということで、早速、調べました。

 

家庭医学大全科の解説より

【パッチテスト】

化学物質、化粧品や薬剤などに対するアレルギーの有無を、それらの物質を背中や上腕に貼って調べる検査で、接触皮膚炎の原因を決めるのに重要な方法です。

 

また慢性湿疹やアトピー性皮膚炎、手湿疹の悪化因子の検索のほか、内服している薬剤や歯科金属によるアレルギーの検査にも、パッチテストを行います。

 

実際には、接触皮膚炎や薬剤アレルギーの原因として疑われる物質を48時間貼付ちょうふし、その24時間後にその部位が赤くなってはれる(紅斑および浮腫)、またはぶつぶつ(丘疹)ができたら陽性と判定します。

 

判定が終わるまでは、パッチテストを行っている部位(背中など)を入浴などで濡らしてはいけません。

 

普段、意識せずに接している思わぬ物質に対するアレルギー反応が皮膚炎の成立や悪化に関係していることがあるので、どのような物質でパッチテストをするかについて、検査の前に皮膚科医とよく相談することが大切です。

 

薬用Zリムーバーのパッチテスト

 

使用可能な部位について

Zリムーバーは首から下にはすべて使用可能と記載されています。

顔には使えませんので、ご注意してください。

VIOラインの除毛には使用可能です。

しかし、皮膚が薄くてデリケートな肛門や睾丸などは避けた方が良いでしょう。

 

パッチテスト

 

まずはZリムーバーを利用する前にパッチテストをおこないましょう。

 

普段から他の除毛クリームを使用している方も、Zリムーバー特有の成分が肌に合わない可能性が考えられるため、念の為パッチテストすることをおすすめします。

 

まずは腕や足などの肌荒れを起こしても絆創膏が貼りやすい部位に、1円玉ほどの量のクリームを塗りましょう。

なおクリームを塗る部位には毛がなくても大丈夫です。

 

塗った後5〜10分ほど放置し拭き取ってもかゆみ・かぶれ・赤みなどがなければ、Zリムーバーを全身に使用しても問題ありません。

 

パッチテストを行う理由

 

除毛クリームを使用できるかどうかを事前に調べるため。

花粉症と同じように、突然アレルギー症状が起きるかはわからないように、肌トラブルも、誰にでも起こりえるということです。

 

また、その日の体調も影響しており、好ましくない日に使用するとアレルギーが発生することもあります。

 

前回は大丈夫だったのに、この度は症状がでた。ということもありますので、毎回でなくても良いでしょうが、時にはパッチテストをされることをお勧めします。

 

その日の体調で突然アレルギー症状が起るか分からないためです。

 

肌トラブルが起きた場合の対処法について

 

Qひどい赤み、かぶれ、湿疹が出た場合は?

迷わず皮膚科へ行ったほうがよいです

 

Qパッチテストを行いヒリヒリなど違和感があった場合は?

すぐに使用を中止して、水で洗い流しましょう。

 

Q市販薬で治せないの?

市販薬は軽度であれば改善できますが、
何日か経っても改善しない場合は、皮膚科へ行ったほうがよいです。

 

従って、

「違和感を感じる」「何かおかしい」

と感じたらまず使用を控えることが大切です。

 

肌トラブルを起こしてしまい、皮膚科へ行く時間がないという方はいます。

その場合は市販薬を使うのも一つの手段。市販薬はドラッグストアに1,000円前後で販売されています。

ドラッグストアには薬剤師、登録販売者がいますので、かぶれてしまったことを伝えましょう。

 

皮膚の塗り薬にも「ステロイド」「非ステロイド」など難しい専門用語がでてきますので、何を購入すればよいかわかりませんよね。

ドラッグストアに行けば必ず薬剤師、登録販売者がいます。医者ではありませんが、薬の知識はありますので相談してみましょう。

 

まとめ

パッチテストは「転ばぬ先の杖」です。

大げさな皮膚トラブルを最小限に抑えることができる処置ですので、面倒がらず、必ず行って、除毛クリームをご使用下さい。

 

濃い体毛をなんとかしたい!たった5分で全身がツルスベになると話題!【Zリムーバー】

 

ホームに戻る


コメント